« 2012年7月 | トップページ

2012年8月

2012年8月14日 (火)

市民のちから

メール拝見いたしました。

私も行政の施策には本当に腹が立っています。だいたい国の政策の失敗を、税金をアップして、みんなで分け合おうというのは、言語道断です。

しかし、私たちがいくら市民運動で、これはとういう人物を、政界に押し出しても、その反対勢力たるや、半端ではありません。

日本はなりさがったとはいえ、未だ経済大国です、その日本が恥ずかしいことに、人権の問題で、福祉、児童、女性の問題で、国連からたびたび勧告をうけているというのが、実情です。

私たちは、さまざまな不合理、日常の生活の困難、不安などから、声を上げていく必要はあると思いますが、各々の専門家から、常に学ばなければなりません。

こちら

でも、市民をリードする精鋭たちがいて、あちこちで学習会が開かれています。そのどれ一つとっても、ないがしろにできない、重要な問題です。

全部把握しようとしたら、毎日のように、何かしらの集会に出て学ばなければなりません。

真実を、実態を理解して知識という武器をもって強く抗議しないことには、ものを言ってもたちまち丸め込まれてしまうか、一蹴に付されてしまうのが関の山です。

知識ですら傍若無人に踏みにじる政治家たちです。彼らは、見えないだけで、ほんとうは目の前の老人を足蹴にし、障害者の車椅子をひっくり返し、盲人の白杖を奪っていることを、知らないのです。そうか、知っていても見て見ぬ振りをして、見捨てるのか。

本来健康な人々の体躯さえも、蝕んでいる、原爆症、水俣病、カネミ油症、その他その他、企業の責任、いや犯罪を、国家ぐるみで許しているのと全く同じです。

そういう意味では私たちも同罪といえるかもしれません。私たちが選挙で!選んだ政治家たちなのですから。

市民運動家たちの尽力でせっかく素晴らしいと思う人を、選んでも、多数決が支配する政治の場では、旧い陰湿にはびこる反対勢力の前に、身動きとれなくなって、応援した人たちに、大きな失望を与えています。

 私はその人たちに、待ってあげて、信じてあげてと、言います。私たち一人ひとりが、目覚め、気付いていく必要があるのです。

しかしまた、立場が変れば変質するということもあります。人間というものの不可思議、恐ろしさだと思います。

これからは、さまざまなことが隠され、捻じ曲げられ、バカにされている国民一人ひとりが、真剣に政治というものを考える時代だと思います。

それには、良い学びが必要です。この国を牛耳っている本態を知らなければなりません。

知るということは、私たちのこれまで信じてきたことさえも、ひっくり返される危険があります。もしそれを危険と呼ぶのならばの話ですが。

その時、私たちは、それでもその学びについて行けるのか、信じて世界観を変えることが出来るのか、これまた難しい問題です。

毎週金曜日に国会を取り巻く、脱原発を掲げる市民たちの行動は、大変貴重だと思います。

貴重だけれども、脱原発で終ってしまったのでは、元の木阿弥です。根っこは一つ、たった一握りの本物の財閥なのですから。特に武器商人が恐ろしい。

武器商人たちは、毎日毎日、武器を生産し続けているのです。たとえその部品工場であろうとも、生活のためにそこで働かなければならない人たちがいます。

原発労働者も同じです。いいカネになるからといって働く人もいるのです。彼らに、明日からの生活費を、誰が補償してやめさせることができるでしょうか。

武器商人と同じで、莫大な利益を生み出す企業しか、それをできません。

日本は企業が王様の国なのです。そして世界の財閥はスクラムを組んで、貧乏人を蹂躙しているのです。

その手先もまた、私たちの日常生活の隣人の中に、自身気がつきもせずに生活しています。

愚かといえばおろか、人間のカナシサといえばカナシサ。でも、人はいつかは死ぬのだから、この一時少しくらい辛くても、或は楽しんでもいいじゃないかと、どちらに割り切るかは、個人の問題に帰す、というのでしょうか?

会が最初にすることは、会員が共通の認識をもち、財閥に負けない強力な絆を築き上げることだと思います。

誤解する人がいます。少しばかり資産を持っていると、自分は金持ちでそれを失うのではないかと恐れるひとたちです。

財閥の資産は私たちのつつましい生活からはかけ離れたものです。かれらは、それを失わないために、日々努力を積み重ねているのです。

財閥というのは、寝ていても富をどんどん生み出せる、ものすごいモンスターです。

田舎に何町歩土地があるとか、山があるとか、マンションを持っているとか、そんな規模のものとは桁が違うのだということを、まず知るべきでしょうね。

財閥の手先になって、少しばかりのおこぼれにあずかるか、潔く貧しても戦うか。あきらめて寝て暮らすか。

私は生活協同組合の組合員ですが、合言葉は、「一人は万人のために、万人は一人のために」です。

会がもっともっと大きな勢力になることを、祈ります。

                     

« 2012年7月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ